Operations Lab.

日本語版 Nano Server イメージ作成時に IPv4 アドレスを設定する

leave a comment »

昨日の記事で日本語版は時期尚早と書きましたが、どうしても日本語版を使用したい方向け。

なぜ IPv4 アドレスを設定できないのか

New-NanoServerImage (Nano Server Image Generator モジュール)が、「イーサネット インタフェースの名前が日本語であること」(日本語環境だとデフォルトインタフェース名は「イーサネット」)を想定していないからです。

もう少し仕組みを詳しく

New-NanoServerImage で指定した IPv4 アドレスは、SetupComplete.cmd というファイルに書き込まれ、初回起動時に設定が試みられます。SetupComplete.cmd の中身は単純に netsh を呼び出しているだけで、その際に InterfaceNameOrIndex パラメータで指定したインタフェース名(またはインデックス番号)が渡されます。

日本語版の場合、デフォルトインタフェース名は「イーサネット」ですので、InterfaceNameOrIndex パラメータにも「イーサネット」(など)を指定すればよいはずですが、RTM メディアに含まれているモジュールでは正しく設定されません。

残念なことに、New-NanoServerImage は、SetupComplete.cmd を生成する際、ファイルのエンコードを強制的に ASCII に設定します。ですので、ASCII で表現できない「イーサネット」という文字列は正しく保持されず、起動時に netsh が実行されるものの不明なインタフェース名としてコマンドがエラーになります。結果として IPv4 アドレスは正しく設定されません。

つまり

以下の何れかでアドレスを正しく設定できます。

  1. インタフェース名ではなくインタフェース インデックス番号で対象を指定する
  2. Nano Server のイメージ作成後、イメージをマウントして SetupComplete.cmd を修正し、正しいエンコードで保存する
  3. New-NanoServerImage が SetupComplete.cmd を書き込む際のエンコードを変更する

Nano Server はインタフェースインデックス番号があまり変動しない(インストールの都度変わることがほぼない?経験上であり、仕様上どうなのかは不明)ようなので、一度番号が分かれば 1 の方法でもよいかもしれません。ただし、一度インストールしてみるなど、何らかの方法でインデックス番号を知る必要があります。

2 の方法は、、、面倒ですね。

ということで、3 の方法を実現するためのスクリプトを作成しました。(GitHub 上で公開しています。)

#Requires -Version 5
#Requires -RunAsAdministrator

[Cmdletbinding()]
param
(
    [Parameter(Mandatory)]
    [string]$Path
)

## Initialize
$ErrorActionPreference = "Stop"
# Target Module File
$target = $Path + "\NanoServerImageGenerator.psm1"
# Original FileHash (SHA256)
$hash = "5DDA7841FEDC064F2696D1155717E9094621722C0F2645D1062453D4047C997B"
# Target line
$line2508 = @'
    Set-Content -Value $SetupCompleteCommand -Path "$Script:TargetSetupCompleteFilePath" -Encoding UTF8
'@

## Check target
if(!(Test-Path $target)) {
    Write-Output "モジュールが存在しません。"
    Write-Verbose -Message ("Path: {0}" -f $Path)
    Write-Verbose -Message ("Target: {0}" -f $target)
    exit 1
}

$h = Get-FileHash -Algorithm SHA256 $target
if($hash -ine $h.Hash) {
    Write-Output "モジュールがオリジナルの状態ではありません。"
    Write-Verbose -Message "モジュールのハッシュ値が想定と異なります。"
    Write-Verbose -Message ("Expected Hash (SHA256): {0}" -f $hash)
    Write-Verbose -Message ("Actual Hash (SHA256): {0}" -f $h.Hash)
    exit 1
}

## Copy & Modify
Copy-Item -Path $target -Destination ($target + ".original") -Force
$c = Get-Content -Path $target -Encoding UTF8
$c[2508] = $line2508
Set-Content -Path $target -Value $c -Encoding UTF8

Write-Output "FailoverClusters モジュールを修正しました。"
return 0

このスクリプトは、NanoServerImageGenerator モジュールを書き換え、SetupComplete.cmd を UTF-8 で生成するように動作を変更します。

実行する際は、Path パラメータに書き換え対象の NanoServerImageGenerator モジュールを含んでいるフォルダーを指定してください。例えば、

PS> .\Modify-NanoServerImageGenerator.ps1 -Path C:\Temp\NanoServer\NanoServerImageGenerator

詳しくは、Get-Help .\Modify-NanoServerImageGenerator.ps1 でヘルプを参照してください。

※ご利用は自己責任でお願いします。

広告

Written by kazu

2016/09/28 @ 00:15

カテゴリー: PowerShell, Windows Server

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。