Operations Lab.

Docker はコンテナそのものではない(はず…)

leave a comment »

最近、あまりにも Docker という言葉が曖昧なコンテキストで使われているので、少しまとめてみます。

おことわり

  • 旧来の Docker について記載します。(Docker ファミリーはどんどん進化(領域拡大)しているので、将来的にはこのポストの内容が誤りになるかもしれません。)
  • 2016 年 9 月時点の情報をベースにしています。
  • 分かりやすさを優先するため、厳密には正しくない記載(割り切った記載)が含まれます。
  • 誤りがあれば、ぜひご指摘ください。(特に有識者の方)

初めに

Docker コンテナそのものを実現する(実行する)仕組み(機能)

乱暴に言うと、Docker はコンテナそのものではありません。仮想マシンに例えて言うなら、Windows Hyper-V における Hyper-V (ハイパーバイザ)そのものではありません。

Docker (または Docker コンテナとは)

ざっくり言うと、以下の 3 つ(のどれか)です。

  1. コンテナイメージのフォーマット(の一種)
  2. コンテナを管理・制御するためのサービスおよびツール群(dockerd および docker cli)
  3. コンテナイメージを管理、再利用するためのレポジトリ (Docker Hub, Docker Registry)

これらを含めて Docker エコシステムが形成されています。

結局 Docker は何をしてくれているのか

コンテナそのものは、(Linux であれば)Linux Containers (各種ネームスペースや cgroups などの、Linux kernel の機能)により実現されています。Windows Server 2016 の場合は、「Containers」の機能(Windows Containers / Hyper-V Containers)によって実現されています。

Docker はコンテナを実現する仕組みをうまくコントロールし、管理を行うためのサービスやユーザーインタフェースを提供してくれています。

乱暴な言い方をすると、Hyper-V の世界でいうところの、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) や、Hyper-V Manager、Virtual Machine Management Services (vmms)のようなものを提供してくれています。

参考資料

広告

Written by kazu

2016/09/17 @ 15:43

カテゴリー: Containers, Linux, Windows Server

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。