Operations Lab.

UEFI システム上で bootsect.exe が使えない?

leave a comment »

結論

bootsect.exe が古いです。

いきさつ

久しぶりに(?)Windows Server 2008 R2 を物理サーバーにインストールする必要が生じたため、Windows Server 2008 R2 のメディアから、インストール用の USB を作成しようとしたところ、bootsect.exe が動きませんでした。

bootsect-efi

E:\boot>bootsect.exe /nt60 D:
This tool can only be run on systems booted using a PC/AT BIOS.  This system was booted using EFI or some other firmware type.

使用したのは Windows Server 2008 R2 のメディアに入っている bootsect.exe です。パーティションを作成し、メディアの中身を xcopy でコピーした後、bootsect でブートローダーを書き込もうとしたところ、エラーになりました。

原因

Windows Server 2008 R2 の(おそらく Windows 7 も)bootsect.exe が古く、UEFI ブートしたシステム上では動作しないようになっているためです。最近の(少なくとも Windows 10 の)bootsect.exe は、UEFI ブートした OS 環境からも利用できるように(BIOS ブート向けのブート情報を書き込めるように)なっています。

対処法

Windows 10 などの bootsect.exe をそのまま使用します。

bootsect-efi2

UEFI ブートしているシステムでも C:\Windows\System32 配下に bootsect.exe などがインストールされているはずです。(デフォルトでパスが通っているので、インストールメディアの boot フォルダーなど別の bootsect.exe が存在するパスに移動していなければ、そのまま使えると思います。)

まとめ

いざという時のために、最新の Windows ADK から作成した WinPE 環境を USB ブートできるようにしておく(常に持ち歩く)と安心かも。

広告

Written by kazu

2016/08/13 @ 19:45

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。