Operations Lab.

Archive for 5月 2016

Windows Server 2016 TP5 をコンテナーホストとしてセットアップ

leave a comment »

Windows Server 2016 TP5 ではコンテナーの役割が追加されています。機能をインストールするとコンテナーが利用できるようになりますが、実際にコンテナーの操作を行うためには、別途 docker のインストールが必要となります。

Docker のインストール

必要な手順は、以下の 3 つです。

  1. Docker 公式サイトから Windows 向けの docker をダウンロードして展開
  2. 環境変数 Path に、展開したパス(=インストールパス)を追加
  3. dockerd をサービスとして登録

インストール・スクリプト

上記の流れをスクリプトにしただけです。後半は、MSDN のサイトに記載されている First Step を、一部記述しています。(スクリプトの実行時、次に何をすればよいかのコマンドリストが表示されます。)

#Requires -Version 5.1
#Requires -RunAsAdministrator

# For Windows Server 2016 TP5

Write-Output "Docker Host 構成スクリプト"

Invoke-WebRequest "https://get.docker.com/builds/Windows/x86_64/docker-1.12.0.zip" -OutFile "$env:TEMP\docker-1.12.0.zip" -UseBasicParsing
Expand-Archive -Path "$env:TEMP\docker-1.12.0.zip" -DestinationPath $env:ProgramFiles
[Environment]::SetEnvironmentVariable("Path", $env:Path + ";C:\Program Files\Docker", [EnvironmentVariableTarget]::Machine)
& $env:ProgramFiles\docker\dockerd.exe --register-service
Start-Service Docker

Write-Output "docker image を取得してください"

$s = @'
docker pull microsoft/windowsservercore
docker images

docker search microsoft
docker pull microsoft/iis:windowsservercore
docker images
docker run -d -p 80:80 microsoft/iis:windowsservercore ping -t localhost
docker ps
'@

Write-Output $s

Written by kazu

2016/05/15 at 16:26