Operations Lab.

.NET Framework 4.5.1 の自動インストールをブロックする

leave a comment »

.NET Framework 4.5.1 が正式にリリースされ Windows Update でも配布が開始されています。

.NET Framework 4.5.1 は .NET Framework 4 / .NET Framework 4.5 と極めて高い互換性がありますが、アップデートを行う事でアプリケーションの動作に影響が出る場合もあります。Windows Update 経由でのインストールを一時的にブロックしたい場合は、レジストリの値を変更します。

具体的な手順は以下の通りです。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\NET Framework Setup\NDP 配下に WU という名前のキーを作成する。
  • WU 配下に BlockNetFramework451 という名前で DWORD 値を作成し、値として 1 を設定する。

dotnetblock-201312-01

PowerShell を使用してブロック用のエントリを作成する場合は、PowerShell を管理者権限で起動し、以下のコマンドレットを実行します。

New-Item -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework Setup\NDP\WU" -Force
New-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework Setup\NDP\WU" -Name BlockNetFramework451 -PropertyType DWORD -Value 1

アプリケーションの動作確認、修正が完了したら、ブロックを解除して最新の .NET Framework へアップデートしましょう。

広告

Written by kazu

2013/12/01 @ 12:43

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。