Operations Lab.

Archive for 12月 2013

Windows Server 2012 Community Day で使用したデモスクリプト

leave a comment »

Windows Server 2012 Community Day で使用したデモスクリプトを公開します。

デモ用に作成していて、そのまま公開する予定はなかったのですが(きちんとまとめて、別のエントリとしてブログに書こうと思っていた)、まとめるのに時間がかかりそうなので、一旦あるがままで載せておきます。特定の環境でしか動かない様な書き方をしている部分もありますので、ご了承ください。エラー処理が絶対的に足りていないので、本番環境へそのまま適用することはお勧めしません。

※利用は、自己責任でお願いします。

DSC の構成

cls
Set-Location C:\PowerShell

$cred = Get-Credential
$s = New-PSSession 10.200.0.100 -Credential $cred
Enter-PSSession $s

cls
New-Item -ItemType Directory C:\PowerShell -Force
Set-Location C:\PowerShell

# Azure の場合は必要
#Enable-PSRemoting -Force
Get-WindowsFeature | ? Installed

Configuration WebServerConfig
{
    param($Name)

    Node $Name
    {
        WindowsFeature FTPRole
        {
            Name = "Web-FTP-Server"
            Ensure = "Present"
            IncludeAllSubFeature = $true
        }
        
        WindowsFeature TelnetRole
        {
            Name = "Telnet-Client"
            Ensure = "Present"
        }
        
        WindowsFeature TelnetServerRole
        {
            Name = "Telnet-Server"
            Ensure = "Absent"
        }
        
        WindowsFeature WSBRole
        {
            Name = "Windows-Server-Backup"
            Ensure = "Absent"
        }
    }
}

WebServerConfig -Name svw12r2-sv31
Get-WindowsFeature Telnet*,Web-FTP*,*Backup
Start-DscConfiguration -Wait -Verbose -Path .\WebServerConfig
Get-WindowsFeature Telnet*,Web-FTP*,*Backup

exit
Disconnect-PSSession $s
Remove-PSSession $s

Copy-VMFile

cls
Set-Location C:\PowerShell

Copy-VMFile -FileSource Host -Name svw12r2-sv31 -SourcePath C:\PowerShell\_Unattend.xml C:\
Copy-VMFile -FileSource Host -Name svw12r2-sv31 -SourcePath C:\PowerShell\_Unattend.xml C:\Windows

Cross-version Live Migration

cls
Set-Location "C:\PowerShell"

$vmprefix = "test"
$vhdbase = "C:\Hyper-V\vhd\"
$memsize = 256MB
$hvsw = "external"

$sb = {
    param($vmprefix, $vhdbase, $memsize, $hvsw)
    1..3 | % {
        $vmname = $vmprefix + $_.ToString("00")
        $vhdfile = $vhdbase + $vmname + ".vhdx"
        New-VHD -Path $vhdfile -SizeBytes 100MB -Dynamic
        New-VM -Name $vmname -MemoryStartupBytes $memsize -VHDPath $vhdfile -SwitchName $hvsw -BootDevice IDE
        Set-VMProcessor -VMName $vmname -CompatibilityForMigrationEnabled $true
        Start-VM -Name $vmname
    }
}

$clean = {
    param($vmprefix = "test", $vhdbase = "C:\Hyper-V\vhd\")
    Stop-VM -Name ${vmprefix}* -Force -TurnOff
    Remove-VM -Name ${vmprefix}* -Force
    Remove-Item -Path ${vhdbase}${vmprefix}* -Force
}

$srchv = "svw12-hv11"
$dsthv = "svw12r2-hv01"
$dstpath = "C:\Hyper-V\vhd"

Get-VM -ComputerName $srchv
Invoke-Command -ComputerName $srchv -ScriptBlock $clean
Invoke-Command -ComputerName $srchv -ScriptBlock $sb -ArgumentList $vmprefix,$vhdbase,$memsize,$hvsw

$targetvm = "test01"
Get-VM -ComputerName $srchv
#Start-VM -ComputerName $srchv -Name $targetvm
Get-VM -ComputerName $srchv -Name $targetvm

Move-VM -ComputerName $srchv -Name $targetvm -DestinationHost $dsthv -IncludeStorage -DestinationStoragePath $dstpath
#Measure-Command { Move-VM -ComputerName $srchv -Name $targetvm -DestinationHost $dsthv -IncludeStorage -DestinationStoragePath $dstpath }

Get-VM -ComputerName $srchv
Get-VM -ComputerName $dsthv

構成変更前にスナップショットを作成し、構成変更に失敗したら元に戻す

成功するパターン

cls
Set-Location "C:\PowerShell"

$target = "svw12r2-sv01"
$s = { Install-WindowsFeature Telnet-Client | Out-Null ; $? }
#$s = { Install-WindowsFeature Hyper-V | Out-Null ; $? }

Get-VM -Name $target
Get-VMSnapshot -VMName $target

$sn = $target + " # " + (Get-Date -UFormat "%Y-%m-%d %H:%M:%S")
Write-Host "スナップショットを取得します..."
Checkpoint-VM -Name $target -SnapshotName $sn
Get-VMSnapshot -VMName $target

$ss = Get-VMSnapshot -VMName $target -Name $sn
$ret = Invoke-Command -ComputerName $target -ScriptBlock $s
if($ret) {
    Write-Host "スナップショットを削除します..."
    Remove-VMSnapshot -VMSnapshot $ss
} else {
    Write-Host "スナップショットの状態へ復元します..."
    Restore-VMSnapshot -VMSnapshot $ss -Confirm:$false
    #Write-Host "スナップショットを削除します..."
    #Remove-VMSnapshot -VMSnapshot $ss
}

Get-VMSnapshot -VMName $target

失敗するパターン

cls
Set-Location "C:\PowerShell"

$target = "svw12r2-sv01"
#$s = { Install-WindowsFeature Telnet-Client | Out-Null ; $? }
$s = { Install-WindowsFeature Hyper-V | Out-Null ; $? }

Get-VM -Name $target
Get-VMSnapshot -VMName $target

$sn = $target + " # " + (Get-Date -UFormat "%Y-%m-%d %H:%M:%S")
Write-Host "スナップショットを取得します..."
Checkpoint-VM -Name $target -SnapshotName $sn
Get-VMSnapshot -VMName $target

$ss = Get-VMSnapshot -VMName $target -Name $sn
$ret = Invoke-Command -ComputerName $target -ScriptBlock $s
if($ret) {
    Write-Host "スナップショットを削除します..."
    Remove-VMSnapshot -VMSnapshot $ss
} else {
    Write-Host "スナップショットの状態へ復元します..."
    Restore-VMSnapshot -VMSnapshot $ss -Confirm:$false
    #Write-Host "スナップショットを削除します..."
    #Remove-VMSnapshot -VMSnapshot $ss
}

Get-VMSnapshot -VMName $target

Hyper-V Replica Test Failover

cls
Set-Location "C:\PowerShell"

$replicahost = "svw12r2-hv02"

$target = @("svw12r2-dc01", "svlwr7-sv61", "svw12r2-sv01")
#$target = @("svw12r2-sv01")
$network = "external-test"

$fo = {
    param($target, $network)
    New-VMSwitch -Name $network -SwitchType Private | Out-Null
    $target | % {
        $vm = Start-VMFailover -AsTest -VMName $_ -Confirm:$false
        Connect-VMNetworkAdapter -VMName $vm.VMName -SwitchName $network | Out-Null
        Start-VM -VM $vm | Out-Null
        $vm.VMName
    }
}

$clean = {
    param($target, $network)
    $target | % {
        Stop-VMFailover -VMName $_
    }
    Remove-VMSwitch -Name $network -Force
}

Get-VM -ComputerName $replicahost
Get-VMSwitch -ComputerName $replicahost

$fovm = Invoke-Command -ComputerName $replicahost -ScriptBlock $fo -ArgumentList $target,$network

Get-VM -ComputerName $replicahost
Get-VMSwitch -ComputerName $replicahost
Get-VMNetworkAdapter -VMName $fovm[0] -ComputerName $replicahost | Format-List VMName,SwitchName

Invoke-Command -ComputerName $replicahost -ScriptBlock $clean -ArgumentList $target,$network

Get-VM -ComputerName $replicahost
Get-VMSwitch -ComputerName $replicahost

VM の展開(DHCP 版)

cls
Set-Location C:\PowerShell

$vmname = "svw12r2-sv111"
$ipaddr = "10.200.0.111"
$netmask = 24

$vhdbase = "D:\Hyper-V\Virtual Hard Disks\"
$vmtpl = "D:\Hyper-V\Virtual Hard Disks\svw12r2-template-sysprep.vhdx"
$unattend = "C:\PowerShell\Unattend-static.xml"
#$unattend = "C:\Users\Administrator\Documents\Unattend.xml"

$tmpvhd = "D:\Hyper-V\Virtual Hard Disks\tmp.vhdx"
$vhdfile = $vhdbase + $vmname + ".vhdx"
$driveletter = "F:\"
$dstfile = $driveletter + "Unattend.xml"

New-VHD -Path $vhdfile -ParentPath $vmtpl -Differencing

$memsize = 2048MB
$hvsw = "Internal"
$gen = 2

$vm = New-VM -Name $vmname -MemoryStartupBytes $memsize -VHDPath $tmpvhd -SwitchName $hvsw -Generation $gen -BootDevice VHD
$vm | Set-VMProcessor -Count 2 -CompatibilityForMigrationEnabled $true
$vm | Enable-VMIntegrationService -Name "Guest Service Interface"

Start-VM $vm
Start-Sleep -Seconds 3
Stop-VM $vm -TurnOff

$macaddr = (Get-VMNetworkAdapter -VM $vm).MacAddress
$s = $macaddr[0] + $macaddr[1] + "-" + $macaddr[2] + $macaddr[3] + "-" + $macaddr[4] + $macaddr[5] + "-" + $macaddr[6] + $macaddr[7] + "-" + $macaddr[8] + $macaddr[9] + "-" + $macaddr[10] + $macaddr[11]

Set-VMHardDiskDrive -VMName $vmname -ControllerType SCSI -ControllerLocation 0 -Path $vhdfile

Mount-VHD -Path $vhdfile
$(Get-Content -Encoding UTF8 $unattend) -replace "@@@@vmname@@@@", $vmname -replace "@@@@ipaddr@@@@", ($ipaddr + "/" + [string]$netmask) -replace "@@@@macaddr@@@@", $s | Out-File -Encoding utf8 $dstfile
Dismount-VHD -Path $vhdfile
Start-VM $vm

VM の展開(Static IP 版)

cls
Set-Location C:\PowerShell

$vmname = "svw12r2-sv199"
$vhdbase = "D:\Hyper-V\Virtual Hard Disks\"
$vmtpl = "D:\Hyper-V\Virtual Hard Disks\svw12r2-template-sysprep-vmmode.vhdx"
$unattend = "C:\PowerShell\Unattend-dhcp.xml"

$vhdfile = $vhdbase + $vmname + ".vhdx"
$driveletter = "F:\"
$dstfile = $driveletter + "Unattend.xml"

New-VHD -Path $vhdfile -ParentPath $vmtpl -Differencing

$memsize = 2048MB
$hvsw = "Internal"
$gen = 2

$vm = New-VM -Name $vmname -MemoryStartupBytes $memsize -VHDPath $vhdfile -SwitchName $hvsw -Generation $gen -BootDevice VHD
$vm | Set-VMProcessor -Count 2 -CompatibilityForMigrationEnabled $true
$vm | Enable-VMIntegrationService -Name "Guest Service Interface"

Mount-VHD -Path $vhdfile
$(Get-Content -Encoding UTF8 $unattend) -replace "@@@@vmname@@@@", $vmname | Out-File -Encoding utf8 $dstfile
Dismount-VHD -Path $vhdfile
Start-VM $vm
広告

PowerShell を用いて Azure 仮想マシン上に検証用の環境を構成する

leave a comment »

※このエントリは PowerShell Advent Calendar 2013 の9日目の記事です。

ちょっとした検証環境を作りたい時に Windows Azure 仮想マシンは大変便利です。Windows Azure 仮想マシンは管路ポータルの GUI を使用して展開、利用することもできますが、Windows Azure 仮想マシン上で Active Directory Domain Service (ADDS、所謂ドメインコントローラー)を展開したい場合などは、PowerShell による構成が必要となります。

このエントリでは、以下の様な環境を展開します。

  • Windows Azure 上に閉じられた検証用の環境を展開
  • ドメインコントローラー(DC)は 2 台構成
  • Windows Azure とオンプレミスの環境は接続しない(独立した仮想ネットワークを構成)
  • 専用の Active Directory フォレストを新規に作成
  • 展開するすべての仮想マシンは、展開時にドメインへ参加

ポイントは以下の 3 つです。

  • Azure 仮想ネットワークを PowerShell から構成する場合、別途ネットワーク構成ファイル(.netcfg)を作成しておく必要がある(管理ポータルから作成する場合は、ウィザード形式でパラメーターを入力できます)
  • 仮想マシンは個別のクラウドサービスに展開する
  • 1 台目のドメインコントローラーで DNS サービスを構成する前に日本語ランゲージパックを適用したい場合は、OS 上で一時的に DNS サーバー(ネットワークオプションで指定する DNS のリゾルバ)を変更する

AffinityGroup の作成

Windows Azure 仮想マシン上で Active Directory Domain Service を展開する場合は、AffinityGroup と仮想ネットワークの設定が必須です。

サブスクリプション契約直後は AffinityGroup が構成されていませんので、新規に AffinityGroup を作成します。

# AffinityGroup が存在しないことを確認
Get-AzureAffinityGroup

# AffinityGroup を作成
New-AzureAffinityGroup -Name ag01 -Location "East Asia"

OperationDescription    OperationId                           OperationStatus
--------------------    -----------                           ---------------
New-AzureAffinityGroup  15c85ae3-a35a-343e-9c4f-ab036afd9913  Succeeded

# 作成できていることを確認
Get-AzureAffinityGroup

Name                 : ag01
Label                : ag01
Description          : 
Location             : East Asia
HostedServices       : {}
StorageServices      : {}
Capabilities         : {PersistentVMRole, HighMemory}
OperationDescription : Get-AzureAffinityGroup
OperationId          : 7ee3af40-f910-3548-89c3-ad9c26f3d33b
OperationStatus      : Succeeded

仮想ネットワークの作成

Azure 仮想マシン環境は DHCP でアドレスがアサインされます。仮想ネットワークが構成されていない場合アドレスのアサインを制御することができませんが、仮想ネットワークを構成すると、ある程度アサインをコントロールできます。

仮想ネットワークに接続された Azure 仮想マシンは、仮想ネットワークの中で空いている一番若いアドレス(ネットワークの先頭 3 つを除く)が起動時にアサインされ、Azure の DNS に登録されます。このアドレスは OS の再起動などによっては変更されません。ただし、仮想マシンを停止した場合、アドレスの割り当てが解除され他の仮想マシンにアサイン可能な状態となります。(なお、IP アドレスがリリースされた仮想マシンは、Azure 仮想マシンとしては課金されません。)

仮想ネットワークを PowerShell から構成する場合は、ネットワーク構成ファイルを作成します。オンプレミスとの接続を行わず、外部の DNS を使用しない(Azure 内の DNS を使用する)場合は、以下を設定ファイルに記述します。

  • 仮想ネットワークを作成するアフィニティグループ名(ここでは ag01)
  • 仮想ネットワークの名前(ここでは azure-localnet)
  • 仮想ネットワーク全体として利用可能なアドレススペース(ここでは 10.0.0.0/8)

    ※今回は閉じられたネットワークなのであまり気にする必要はありませんが、オンプレミスの環境と接続する場合はオンプレ側で使用しているアドレスレンジと重複しないように留意する必要があります。
  • 作成するサブネットの名前(ここでは ServiceNetwork)

    ※仮想マシン作成時に、どのサブネットへ接続するか指定します。
  • サブネットのネットワークアドレス(ここでは 10.0.0.0/24)

    ※ネットワーク全体のアドレススペースから、重複しないようにアサインします。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<NetworkConfiguration xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2011/07/NetworkConfiguration">
  <VirtualNetworkConfiguration>
    <Dns />
    <VirtualNetworkSites>
      <VirtualNetworkSite name="azure-localnet" AffinityGroup="ag01">
        <AddressSpace>
          <AddressPrefix>10.0.0.0/8</AddressPrefix>
        </AddressSpace>
        <Subnets>
          <Subnet name="ServiceNetwork">
            <AddressPrefix>10.0.0.0/24</AddressPrefix>
          </Subnet>
        </Subnets>
      </VirtualNetworkSite>
    </VirtualNetworkSites>
  </VirtualNetworkConfiguration>
</NetworkConfiguration>

構成ファイルを準備したら、仮想ネットワークを作成します。

# 仮想ネットワークが設定されていないことを確認
Get-AzureVNetConfig

# 仮想ネットワークを設定ファイルから構成
Set-AzureVNetConfig C:\PowerShell\AzureNetworkConfig.netcfg

OperationDescription  OperationId                           OperationStatus
--------------------  -----------                           ---------------
Set-AzureVNetConfig   40b4ed06-828b-3e33-bfa6-734543c52d5f  Succeeded

# 確認
Get-AzureVNetConfig | Format-List *

XMLConfiguration     : <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                       <NetworkConfiguration xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2011/07/NetworkConfiguration">
                         <VirtualNetworkConfiguration>
                           <Dns />
                           <VirtualNetworkSites>
                             <VirtualNetworkSite name="azure-localnet" AffinityGroup="ag01">
                               <AddressSpace>
                                 <AddressPrefix>10.0.0.0/8</AddressPrefix>
                               </AddressSpace>
                               <Subnets>
                                 <Subnet name="ServiceNetwork">
                                   <AddressPrefix>10.0.0.0/24</AddressPrefix>
                                 </Subnet>
                               </Subnets>
                             </VirtualNetworkSite>
                           </VirtualNetworkSites>
                         </VirtualNetworkConfiguration>
                       </NetworkConfiguration>
OperationDescription : Get-AzureVNetConfig
OperationId          : 471f8fb3-2720-36c0-969b-b6b2c5bc8a88
OperationStatus      : Succeeded

Azure ストレージの作成

仮想マシンを保存するための Azure ストレージ(ストレージ アカウント)を作成します。ここではアカウント名を as01 としています。ストレージアカウント名は、Azure 全体で(他の利用者も含めて)一意である必要があります。

# ストレージアカウントが作成されていないことを確認
Get-AzureStorageAccount

# ストレージアカウント as01 を作成
New-AzureStorageAccount -StorageAccountName as01 -AffinityGroup ag01

OperationDescription     OperationId                           OperationStatus
--------------------     -----------                           ---------------
New-AzureStorageAccount  66d23250-a72b-39db-aabb-240dd2f2eeb1  Succeeded

# 確認
Get-AzureStorageAccount

StorageAccountDescription : 
AffinityGroup             : ag01
Location                  : 
GeoReplicationEnabled     : True
GeoPrimaryLocation        : East Asia
GeoSecondaryLocation      : Southeast Asia
Label                     : as01
StorageAccountStatus      : Created
StatusOfPrimary           : 
StatusOfSecondary         : 
Endpoints                 : {http://as01.blob.core.windows.net/, http://as01.queue.core.windows.net/, http://as01.table.core.windows.net/}
StorageAccountName        : as01
OperationDescription      : Get-AzureStorageAccount
OperationId               : eeb9a769-9f64-3c53-8f65-66e3e3c363e7
OperationStatus           : Succeeded

1 台目のドメインコントローラーを展開

仮想ネットワークとストレージが準備できたら仮想マシンを展開します。仮想マシンを展開する際は、以下の情報が必要です。

  • 仮想マシン名(ここでは dc01)
  • サービス名(ここでは olab2013-dc01)
  • 配置するストレージ(ここでは as01)
  • 配置するアフィニティグループ(ここでは ag01)
  • 接続するネットワークとサブネット(ここでは azure-localnet と ServiceNetwork)
  • 仮想マシンのインスタンスのサイズ(ここでは Small)
  • 管理者ユーザーのアカウント名とパスワード

重要なのは、ドメインコントローラーとなる仮想マシンを展開する順番です。今回は、Azure 仮想ネットワーク上で最初の仮想マシンとなるので、仮想ネットワークから(先頭 3 つを除いた)最初の IP アドレスがアサインされることになります。(10.0.0.4 となります。)同様に、2 台目のドメインコントローラーをこの直後に展開するため、2 台目のアドレスは 10.0.0.5 となります。現状では、これらのアドレスを DNS サーバのアドレスとして直接埋め込む必要があります。

# ストレージアカウントの指定
Set-AzureSubscription -SubscriptionName "無料評価版" -CurrentStorageAccount as01

# 使用するストレージの確認 (CurrentStorageAccountName の値)
Get-AzureSubscription

SubscriptionName           : 無料評価版
SubscriptionId             : 808b4e2d-c89e-4aba-918b-1811cb4c85be
ServiceEndpoint            : https://management.core.windows.net/
ActiveDirectoryEndpoint    : 
ActiveDirectoryTenantId    : 
IsDefault                  : True
Certificate                : [Subject]
                               CN=Windows Azure Tools
                             
                             [Issuer]
                               CN=Windows Azure Tools
                             
                             [Serial Number]
                               26127962D5C558AB4DD2E6F5D9D982B1
                             
                             [Not Before]
                               2013/12/08 14:41:17
                             
                             [Not After]
                               2014/12/08 14:41:17
                             
                             [Thumbprint]
                               66D4E53ED529DF720B4360EF1007857EC70017B3
                             
CurrentStorageAccountName  : as01
CurrentCloudStorageAccount : 
ActiveDirectoryUserId      : 

# 1 台目の DC なので、DNS は localhost, 10.0.0.5
$dns1 = New-AzureDNS -Name 'localhost' -IPAddress '127.0.0.1'
$dns2 = New-AzureDNS -Name 'dc02' -IPAddress '10.0.0.5'

# 展開するイメージの指定
$image = 'a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Windows-Server-2012-R2-201311.01-en.us-127GB.vhd'

$vmname = 'dc01'
$service = 'olab2013-' + $vmname
$ag = 'ag01'
$vnet = 'azure-localnet'
$subnet = 'ServiceNetwork'
$size = 'Small'

$username = '<アカウント名>'
$password = '<パスワード>'

$vm = New-AzureVMConfig -Name $vmname -InstanceSize $size -ImageName $image `
        | Add-AzureProvisioningConfig -Windows -AdminUsername $username -Password $password `
        | Add-AzureDataDisk -CreateNew -DiskSizeInGB 100 -DiskLabel ($vmname + "-disk01") -LUN 0 -HostCaching None `
        | Add-AzureDataDisk -CreateNew -DiskSizeInGB 100 -DiskLabel ($vmname + "-disk02") -LUN 1 -HostCaching None `
        | Set-AzureSubnet -SubnetNames $subnet

# 仮想マシン作成
New-AzureVM -ServiceName $service -AffinityGroup $ag -VMs $vm -DnsSettings $dns1,$dns2 -VNetName $vnet

OperationDescription  OperationId                           OperationStatus
--------------------  -----------                           ---------------
New-AzureVM           ca8e7131-f6e9-353e-a684-b44165e9267d  Succeeded
New-AzureVM           33c8f2cb-041a-3e38-a6a5-2f56c97f1fe7  Succeeded

# 確認 (Status が ReadyRole になるまで時間がかかる)
Get-AzureVM

ServiceName    Name  Status
-----------    ----  ------
olab2013-dc01  dc01  ReadyRole

展開に使用できるイメージの一覧は、Get-AzureVMImage で取得できます。今回は、100GB のディスクを 2 つ追加して仮想マシンを展開しています。(Azure 仮想マシンの場合、ディレクトリ データベース ファイルをシステムドライブ配下に保存することは推奨されませんので、データベース用とバックアップ用で 2 つのディスクを追加しています。)

1 台目のドメインコントローラーを構成

展開した Azure 仮想マシン上で Active Directory Domain Service を構成します。(構成方法はローカル インストールの場合と同様なので、ここでは省略します。)

注意点としては、以下の通りです。

  • IP アドレスが DHCP で構成する設定となっている旨警告が表示されるが、無視する
  • 追加ディスク上に NTDS データベースファイルを配置する

展開した仮想マシンに対して PowerShell で接続する方法については、別のエントリとして投稿します。

2 台目のドメインコントローラーを展開

2台目のドメインコントローラーとなる仮想マシンを展開します。基本的に 1 台目と同様ですが、2 台目以降は仮想マシンのプロビジョニングの中で、ドメインへの参加が行われます。

Set-AzureSubscription -SubscriptionName "無料評価版" -CurrentStorageAccount as01

# 2 台目の DC なので、DNS は localhost, 10.0.0.4
$dns1 = New-AzureDNS -Name 'localhost' -IPAddress '127.0.0.1'
$dns2 = New-AzureDNS -Name 'dc01' -IPAddress '10.0.0.4'

$image = 'a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Windows-Server-2012-R2-201311.01-en.us-127GB.vhd'

$vmname = 'dc02'
$service = 'olab2013-' + $vmname
$ag = 'ag01'
$vnet = 'azure-localnet'
$subnet = 'ServiceNetwork'
$size = 'Small'

$username = '<アカウント名>'
$password = '<パスワード>'

# join するドメインを指定
$domain = 'example.local'

# ドメインに参加する際のユーザーとパスワードを追加で指定
$vm = New-AzureVMConfig -Name $vmname -InstanceSize $size -ImageName $image `
        | Add-AzureProvisioningConfig -WindowsDomain -AdminUsername $username -Password $password -Domain $domain -DomainUserName $username -DomainPassword $password -JoinDomain $domain `
        | Add-AzureDataDisk -CreateNew -DiskSizeInGB 100 -DiskLabel ($vmname + "-disk01") -LUN 0 -HostCaching None `
        | Add-AzureDataDisk -CreateNew -DiskSizeInGB 100 -DiskLabel ($vmname + "-disk02") -LUN 1 -HostCaching None `
        | Set-AzureSubnet -SubnetNames $subnet

# 仮想マシンの展開
New-AzureVM -ServiceName $service -AffinityGroup $ag -VMs $vm -DnsSettings $dns1,$dns2 -VNetName $vnet

OperationDescription  OperationId                           OperationStatus
--------------------  -----------                           ---------------
New-AzureVM           6af0f266-9666-3a42-8b13-c3d6eac7a2eb  Succeeded
New-AzureVM           013f013d-0651-3806-be88-d5eb84a16d87  Succeeded

# 確認
Get-AzureVM

ServiceName    Name  Status
-----------    ----  ------
olab2013-dc01  dc01  ReadyRole
olab2013-dc02  dc02  ReadyRole

注意すべき点は、1 台目のドメインコントローラーとは異なるクラウドサービスへ展開することです。同じクラウドサービスへ複数の仮想マシンを展開することはできますが、DNS の設定が異なる仮想マシンは同一クラウドサービス上に展開できません。展開しようとすると、以下の様な警告が表示され、指定した DNS の設定ではなくクラウドサービス作成時の DNS 設定で仮想マシンが展開されます。

警告: VNetName, DnsSettings, DeploymentLabel or DeploymentName Name can only be specified on new deployments.

仮想マシンは展開されてしまうので、注意が必要です。

仮想マシンの展開が完了したら、1 台目と同様 Active Directory Domain Service の構成を行います。

その他のサーバーの展開

ドメインコントローラー以外のサーバーについては、2 台目のドメインコントローラーと同様のコマンドを使用して展開を行います。DNS のパラメーターのみ変更すれば問題ありません。

Written by kazu

2013/12/09 at 00:01

カテゴリー: PowerShell, Windows Azure

Tagged with ,

Windows Azure 仮想マシンの展開可能なイメージ一覧を取得する

with one comment

Windows Azure 仮想マシンを PowerShell から新規に作成(展開)する場合、展開に使用する仮想マシンイメージを指定する必要があります。展開可能な仮想マシンイメージの一覧は、Get-AzureVMImage コマンドで取得できます。

Get-AzureVMImage を実行するためには、事前にサブスクリプションの設定が必要です。デフォルトサブスクリプションが登録されていれば、その設定が使用されます。登録されているサブスクリプションの一覧は、Get-AzureSubscription で表示できます。

PS C:\PowerShell> Get-AzureVMImage | Sort-Object OS,Label,PublishedDate | Format-Table OS,Label,PublishedDate,ImageName -AutoSize


OS      Label                                                                                           PublishedDate      ImageName
--      -----                                                                                           -------------      ---------
Linux   "Oracle Database 12.1.0.1 Enterprise Edition on Oracle Linux 6.4.0.0.0"                         0001/01/01 0:00:00 c290a6b031d841e09f2da759bbabe71f__Oracle-Database-121010.v1-EE-Lnx
Linux   "Oracle Database 12.1.0.1 Standard Edition on Oracle Linux 6.4.0.0.0"                           0001/01/01 0:00:00 c290a6b031d841e09f2da759bbabe71f__Oracle-Database-121010.v3-SE-Lnx
Linux   "Oracle Linux 6.4.0.0.0"                                                                        0001/01/01 0:00:00 c290a6b031d841e09f2da759bbabe71f__Oracle-Linux-6
Linux   "Oracle WebLogic Server 12.1.2 on Oracle Linux 6.4.0.0.0"                                       0001/01/01 0:00:00 c290a6b031d841e09f2da759bbabe71f__WebLogic-Server-12c.v1-Lnx
Linux   OpenLogic                                                                                       2013/04/15 9:00:00 5112500ae3b842c8b9c604889f8753c3__OpenLogic-CentOS-63APR20130415
Linux   openSUSE 12.3                                                                                   2013/11/14 9:00:00 b4590d9e3ed742e4a1d46e5424aa335e__openSUSE-12.3-v121
Linux   RightImage CentOS 6.2 x64 v5.8.8.1                                                              2012/08/28 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.2-x64-v5.8.8.1
Linux   RightImage CentOS 6.3 x64 v5.8.8                                                                2012/08/28 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.3-x64-v5.8.8
Linux   RightImage CentOS 6.3 x64 v5.8.8.5                                                              2012/10/12 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.3-x64-v5.8.8.5
Linux   RightImage CentOS 6.3 x64 v5.8.8.6                                                              2012/11/12 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.3-x64-v5.8.8.6
Linux   RightImage CentOS 6.3 x64 v5.8.8.7                                                              2012/01/15 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.3-x64-v5.8.8.7
Linux   RightImage CentOS 6.3 x64 v5.8.8.8                                                              2012/01/25 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.3-x64-v5.8.8.8
Linux   RightImage CentOS 6.3 x64 v5.8.8.9                                                              2013/03/01 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.3-x64-v5.8.8.9
Linux   RightImage CentOS 6.4 x64 v13.5.0.1                                                             2013/07/11 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.4-x64-v13.5.0.1
Linux   RightImage CentOS 6.4 x64 v13.5.0.2                                                             2013/07/22 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.4-x64-v13.5.0.2
Linux   RightImage Ubuntu 12.04 x64 v13.5.0.1                                                           2013/07/11 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-Ubuntu-12.04-x64-v13.5.0.1
Linux   RightImage Ubuntu 12.04 x64 v5.8.8                                                              2012/08/28 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-Ubuntu-12.04-x64-v5.8.8
Linux   RightImage Ubuntu 12.04 x64 v5.8.8.5                                                            2012/10/12 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-Ubuntu-12.04-x64-v5.8.8.5
Linux   RightImage Ubuntu 12.04 x64 v5.8.8.7                                                            2013/01/15 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-Ubuntu-12.04-x64-v5.8.8.7
Linux   RightImage Ubuntu 12.04 x64 v5.8.8.8                                                            2013/01/25 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-Ubuntu-12.04-x64-v5.8.8.8
Linux   RightImage-CentOS-6.4-x64-v13.4                                                                 2013/04/19 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-CentOS-6.4-x64-v13.4
Linux   RightImage-Ubuntu-12.04-x64-v13.4                                                               2013/04/19 9:00:00 0b11de9248dd4d87b18621318e037d37__RightImage-Ubuntu-12.04-x64-v13.4
Linux   SUSE Linux Enterprise Server 11 SP2                                                             2013/12/02 9:00:00 b4590d9e3ed742e4a1d46e5424aa335e__SUSE-Linux-Enterprise-Server-11-SP2-v201
Linux   SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3                                                             2013/12/02 9:00:00 b4590d9e3ed742e4a1d46e5424aa335e__SUSE-Linux-Enterprise-Server-11-SP3-v201
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/02/25 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20130225-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/03/25 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20130325-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/04/15 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20130415-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/05/17 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20130516-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/05/27 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20130527-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/06/03 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20130603-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/06/24 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20130624-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/08/27 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20130827-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/09/09 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20130909-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/09/16 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20130916.1-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/10/03 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20131003-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/10/24 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20131024-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/11/11 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20131111-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/11/14 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20131114-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS                                                                       2013/12/05 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_3-LTS-amd64-server-20131205-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS DAILY                                                                 2013/11/21 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-precise-12_04_3-LTS-amd64-server-20131121-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS DAILY                                                                 2013/11/25 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-precise-12_04_3-LTS-amd64-server-20131125-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS DAILY                                                                 2013/11/28 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-precise-12_04_3-LTS-amd64-server-20131128-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS DAILY                                                                 2013/12/02 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-precise-12_04_3-LTS-amd64-server-20131202-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.04.3 LTS DAILY                                                                 2013/12/05 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-precise-12_04_3-LTS-amd64-server-20131205-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2012/12/18 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_04_2-LTS-amd64-server-20121218-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2012/12/18 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20121218-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/02/27 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130227-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/04/14 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130414-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/05/26 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130526-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/06/03 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130602-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/06/16 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130616-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/07/07 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130707-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/08/21 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130821-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/09/08 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130908-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/09/29 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20130929-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/10/23 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20131023-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/11/10 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20131110-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10                                                                             2013/11/13 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-12_10-amd64-server-20131113-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10 DAILY                                                                       2013/11/20 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-quantal-12_10-amd64-server-20131120-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10 DAILY                                                                       2013/11/24 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-quantal-12_10-amd64-server-20131124-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10 DAILY                                                                       2013/11/27 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-quantal-12_10-amd64-server-20131127-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10 DAILY                                                                       2013/12/01 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-quantal-12_10-amd64-server-20131201-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 12.10 DAILY                                                                       2013/12/04 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-quantal-12_10-amd64-server-20131204-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/04/26 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130423-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/05/02 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130501-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/05/25 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130525-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/06/01 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130601-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/06/15 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130615-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/07/06 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130706-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/08/20 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130820-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/08/24 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130824-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/09/07 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130907-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/09/28 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20130928-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/10/22 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20131022-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/11/12 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20131112-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/11/16 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20131116-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/11/23 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20131123-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04                                                                             2013/12/03 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_04-amd64-server-20131203-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04 DAILY                                                                       2013/11/23 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-raring-13_04-amd64-server-20131123-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04 DAILY                                                                       2013/11/26 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-raring-13_04-amd64-server-20131126-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04 DAILY                                                                       2013/11/30 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-raring-13_04-amd64-server-20131130-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04 DAILY                                                                       2013/12/03 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-raring-13_04-amd64-server-20131203-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.04 DAILY                                                                       2013/12/07 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-raring-13_04-amd64-server-20131207-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10                                                                             2013/08/08 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_10-amd64-server-20130808-alpha3-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10                                                                             2013/09/05 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_10-amd64-server-20130905-beta1-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10                                                                             2013/09/26 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_10-amd64-server-20130925-beta2-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10                                                                             2013/10/15 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_10-amd64-server-20131015-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10                                                                             2013/11/13 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_10-amd64-server-20131113-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10                                                                             2013/12/04 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu-13_10-amd64-server-20131204-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10 DAILY                                                                       2013/11/20 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-saucy-13_10-amd64-server-20131120-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10 DAILY                                                                       2013/11/24 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-saucy-13_10-amd64-server-20131124-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10 DAILY                                                                       2013/11/27 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-saucy-13_10-amd64-server-20131127-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10 DAILY                                                                       2013/12/01 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-saucy-13_10-amd64-server-20131201-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 13.10 DAILY                                                                       2013/12/04 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-saucy-13_10-amd64-server-20131204-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 14.04 LTS DAILY                                                                   2013/12/04 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-trusty-14_04-LTS-amd64-server-20131204-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 14.04 LTS DAILY                                                                   2013/12/05 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-trusty-14_04-LTS-amd64-server-20131205-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 14.04 LTS DAILY                                                                   2013/12/06 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-trusty-14_04-LTS-amd64-server-20131206-en-us-30GB
Linux   Ubuntu Server 14.04 LTS DAILY                                                                   2013/12/07 9:00:00 b39f27a8b8c64d52b05eac6a62ebad85__Ubuntu_DAILY_BUILD-trusty-14_04-LTS-amd64-server-20131207-en-us-30GB
Windows BizTalk Server 2013 Enterprise on Windows Server 2012                                           0001/01/01 0:00:00 2cdc6229df6344129ee553dd3499f0d3__BizTalk-Server-2013-Enterprise
Windows BizTalk Server 2013 Evaluation on Windows Server 2012                                           0001/01/01 0:00:00 2cdc6229df6344129ee553dd3499f0d3__BizTalk-Server-2013-Evaluation
Windows BizTalk Server 2013 Standard on Windows Server 2012                                             0001/01/01 0:00:00 2cdc6229df6344129ee553dd3499f0d3__BizTalk-Server-2013-Standard
Windows JDK 6 (Preview) on Windows Server 2012                                                          2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__JDK-1.6.0_65-1113-Win
Windows JDK 7 (Preview) on Windows Server 2012                                                          2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__JDK-1.7.0_45-1113-Win
Windows Oracle Database 12c and WebLogic Server 12c Enterprise Edition (Preview) on Windows Server 2012 2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__Oracle-Database-12.1.0.1.0-EE-WebLogic-12.1.2.0-EE-JDK-1.7.0_45-1113-Win
Windows Oracle Database 12c and WebLogic Server 12c Standard Edition (Preview) on Windows Server 2012   2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__Oracle-Database-12.1.0.1.0-SE-WebLogic-12.1.2.0-SE-JDK-1.7.0_45-1113-Win
Windows Oracle Database 12c Enterprise Edition (Preview) on Windows Server 2012                         2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__Oracle-Database-12.1.0.1.0-1113-EE-Win
Windows Oracle Database 12c Standard Edition (Preview) on Windows Server 2012                           2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__Oracle-Database-12.1.0.1.0-1113-SE-Win
Windows Oracle WebLogic Server 11g Enterprise Edition (Preview) on Windows Server 2008 R2               2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__Weblogic-10.3.6-EE-JDK-1.7.0_45-1113-Win
Windows Oracle WebLogic Server 11g Standard Edition (Preview) on Windows Server 2008 R2                 2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__Weblogic-10.3.6-SE-JDK-1.7.0_45-1113-Win
Windows Oracle WebLogic Server 12c Enterprise Edition (Preview) on Windows Server 2012                  2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__WebLogic-12.1.2.0-EE-JDK-1.7.0_45-1113-Win
Windows Oracle WebLogic Server 12c Standard Edition (Preview) on Windows Server 2012                    2013/11/08 9:00:00 0c0083a6d9a24f2d91800e52cad83950__WebLogic-12.1.2.0-SE-JDK-1.7.0_45-1113-Win
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 iis75 v5.8.8                                                  2012/08/28 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-iis75-v5.8.8
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 iis75 v5.8.8.11                                               2012/12/07 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-iis75-v5.8.8.11
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 sqlsvr2012 v5.8.8                                             2012/08/28 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-sqlsvr2012-v5.8.8
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 sqlsvr2012 v5.8.8.1                                           2012/08/28 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-sqlsvr2012-v5.8.8.1
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 sqlsvr2012 v5.8.8.12                                          2012/12/12 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-sqlsvr2012-v5.8.8.12
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 sqlsvr2012 v5.8.8.15                                          2013/01/05 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-sqlsvr2012-v5.8.8.15
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 v5.8.8                                                        2012/08/28 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-v5.8.8
Windows RightImage Windows 2008R2 SP1 x64 v5.8.8.11                                                     2012/12/07 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-SP1-x64-v5.8.8.11
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 iis7.5 v13.4.12.2                                                 2013/05/30 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-iis7.5-v13.4.12.2
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 iis7.5 v13.5                                                      2013/08/16 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-iis7.5-v13.5
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 sqlsvr2012 v13.4.3.1                                              2013/06/06 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-sqlsvr2012-v13.4.3.1
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 sqlsvr2012 v13.5.1                                                2013/08/19 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-sqlsvr2012-v13.5.1
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 sqlsvr2012ent v13.4.3.1                                           2013/06/06 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-sqlsvr2012ent-v13.4.3.1
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 sqlsvr2012ent v13.5                                               2013/08/16 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-sqlsvr2012ent-v13.5
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 sqlsvr2k8r2 v13.5                                                 2013/08/16 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-sqlsvr2k8r2-v13.5
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 sqlsvr2k8r2ent v13.5                                              2013/08/15 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-sqlsvr2k8r2ent-v13.5
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 v13.4.12.2                                                        2013/05/30 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-v13.4.12.2
Windows RightImage Windows 2008R2 x64 v13.5                                                             2013/08/15 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2008R2-x64-v13.5
Windows RightImage Windows 2012 x64 iis8 v13.4.12.2                                                     2013/05/30 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-iis8-v13.4.12.2
Windows RightImage Windows 2012 x64 iis8 v13.5                                                          2013/08/15 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-iis8-v13.5
Windows RightImage Windows 2012 x64 iis8 v5.8.8.12                                                      2012/12/12 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-iis8-v5.8.8.12
Windows RightImage Windows 2012 x64 sqlsvr2012 v13.5                                                    2013/08/15 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-sqlsvr2012-v13.5
Windows RightImage Windows 2012 x64 sqlsvr2012ent v13.5                                                 2013/08/15 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-sqlsvr2012ent-v13.5
Windows RightImage Windows 2012 x64 v13.4.12.2                                                          2013/05/30 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-v13.4.12.2
Windows RightImage Windows 2012 x64 v13.5                                                               2013/08/15 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-v13.5
Windows RightImage Windows 2012 x64 v5.8.8.12                                                           2012/12/12 9:00:00 bd507d3a70934695bc2128e3e5a255ba__RightImage-Windows-2012-x64-v5.8.8.12
Windows SharePoint Server 2013 Trial                                                                    2013/09/18 9:00:00 c6e0f177abd8496e934234bd27f46c5d__SharePoint-2013-Trial-9-18-2013
Windows SQL Server 2008 R2 SP2 Enterprise on Windows Server 2008 R2                                     2013/04/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2008R2SP2-Enterprise-CY13SU04-SQL2008-SP2-10.50.4...
Windows SQL Server 2008 R2 SP2 Enterprise on Windows Server 2008 R2                                     2013/10/22 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2008R2SP2-GDR-10.50.4021.0-Enterprise-ENU-Win2K8R2-CY13SU10
Windows SQL Server 2008 R2 SP2 Standard on Windows Server 2008 R2                                       2013/04/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2008R2SP2-Standard-CY13SU04-SQL2008-SP2-10.50.4021.0
Windows SQL Server 2008 R2 SP2 Standard on Windows Server 2008 R2                                       2013/10/22 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2008R2SP2-GDR-10.50.4021.0-Standard-ENU-Win2K8R2-CY13SU10
Windows SQL Server 2008 R2 SP2 Web on Windows Server 2008 R2                                            2013/07/29 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2008R2SP2-GDR-10.50.4021.0-Web-ENU-Win2K8R2
Windows SQL Server 2008 R2 SP2 Web on Windows Server 2008 R2                                            2013/10/22 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2008R2SP2-GDR-10.50.4021.0-Web-ENU-Win2K8R2-CY13SU10
Windows SQL Server 2012 SP1 Enterprise on Windows Server 2008 R2                                        2013/04/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-Enterprise-CY13SU04-SQL11-SP1-CU3-11.0.33...
Windows SQL Server 2012 SP1 Enterprise on Windows Server 2008 R2                                        2013/07/10 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-CU4-11.0.3368.0-Enterprise-ENU-Win2K8R2
Windows SQL Server 2012 SP1 Enterprise on Windows Server 2008 R2                                        2013/10/21 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Enterprise-ENU-WS2008R2-CY13SU10
Windows SQL Server 2012 SP1 Enterprise on Windows Server 2012                                           2013/04/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-Enterprise-CY13SU04-SQL2012-SP1-11.0.3350...
Windows SQL Server 2012 SP1 Enterprise on Windows Server 2012                                           2013/06/26 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-CU4-11.0.3368.0-Enterprise-ENU-Win2012
Windows SQL Server 2012 SP1 Enterprise on Windows Server 2012                                           2013/08/06 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Enterprise-ENU-Win2012
Windows SQL Server 2012 SP1 Enterprise on Windows Server 2012                                           2013/10/21 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Enterprise-ENU-Win2012-CY13SU10
Windows SQL Server 2012 SP1 for Data Warehousing on Windows Server 2012                                 2013/09/30 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-DataWarehousing-ENU-WS2012
Windows SQL Server 2012 SP1 Standard on Windows Server 2008 R2                                          2013/04/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-Standard-CY13SU04-SQL11-SP1-CU3-11.0.3350...
Windows SQL Server 2012 SP1 Standard on Windows Server 2008 R2                                          2013/09/04 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Standard-ENU-WS2008R2
Windows SQL Server 2012 SP1 Standard on Windows Server 2008 R2                                          2013/10/21 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Standard-ENU-Win2K8R2-CY13SU10
Windows SQL Server 2012 SP1 Standard on Windows Server 2012                                             2013/04/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-Standard-CY13SU04-SQL2012-SP1-11.0.3350.0...
Windows SQL Server 2012 SP1 Standard on Windows Server 2012                                             2013/07/15 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-CU4-11.0.3368.0-Standard-ENU-Win2012
Windows SQL Server 2012 SP1 Standard on Windows Server 2012                                             2013/10/21 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Standard-ENU-Win2012-CY13SU10
Windows SQL Server 2012 SP1 Web on Windows Server 2008 R2                                               2013/04/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__Microsoft-SQL-Server-2012SP1-Web-CY13SU04-SQL11-SP1-CU3-11.0.3350.0
Windows SQL Server 2012 SP1 Web on Windows Server 2008 R2                                               2013/09/04 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Web-ENU-WS2008R2
Windows SQL Server 2012 SP1 Web on Windows Server 2008 R2                                               2013/10/24 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2012SP1-CU5-11.0.3373.0-Web-ENU-WS2008R2-CY13SU10
Windows SQL Server 2014 CTP2 Evaluation for Data Warehousing on Windows Server 2012                     2013/10/16 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2014CTP2-12.0.1524.0-DataWarehousing-ENU-WS2012
Windows SQL Server 2014 CTP2 Evaluation on Windows Server 2012                                          2013/11/13 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2014CTP2-CU1-12.0.1736.0-Evaluation-ENU-WS2012
Windows SQL Server 2014 CTP2 Evaluation on Windows Server 2012 R2                                       2013/11/13 9:00:00 fb83b3509582419d99629ce476bcb5c8__SQL-Server-2014CTP2-CU1-12.0.1736.0-Evaluation-ENU-WS2012R2
Windows Windows Server 2008 R2 SP1, November 2013                                                       2013/11/22 9:00:00 a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Win2K8R2SP1-Datacenter-201311.01-en.us-127GB.vhd
Windows Windows Server 2008 R2 SP1, October 2013                                                        2013/10/22 9:00:00 a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Win2K8R2SP1-Datacenter-201310.01-en.us-127GB.vhd
Windows Windows Server 2012 Datacenter, November 2013                                                   2013/11/22 9:00:00 a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Windows-Server-2012-Datacenter-201311.01-en.us-127GB.vhd
Windows Windows Server 2012 Datacenter, October 2013                                                    2013/10/22 9:00:00 a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Windows-Server-2012-Datacenter-201310.01-en.us-127GB.vhd
Windows Windows Server 2012 R2 Datacenter                                                               2013/10/08 9:00:00 a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Windows-Server-2012-R2-201310.01-en.us-127GB.vhd
Windows Windows Server 2012 R2 Datacenter, November 2013                                                2013/11/22 9:00:00 a699494373c04fc0bc8f2bb1389d6106__Windows-Server-2012-R2-201311.01-en.us-127GB.vhd
Windows Windows Server Essentials Experience on Windows Server 2012 R2                                  2013/10/18 9:00:00 3a50f22b388a4ff7ab41029918570fa6__Windows-Server-2012-Essentials-20131018-enus
Windows Windows Server Essentials Experience on Windows Server 2012 R2                                  2013/11/29 9:00:00 3a50f22b388a4ff7ab41029918570fa6__Windows-Server-2012-Essentials-20131127-enus

Written by kazu

2013/12/06 at 01:19

カテゴリー: PowerShell, Windows Azure

Tagged with ,

Windows Azure PowerShell を使用する前に(初期構成)

leave a comment »

Windows Azure PowerShell を使用すると Windows Azure を PowerShell から操作できるようになります。Windows Azure のインストールは数ステップで完了しますが、使用する前に、何点か準備(初期設定)が必要です。

  • Windows Azure PowerShell をインストールする
  • PowerShell でスクリプトを実行できるようにする(Execution Policy の変更)
  • Windows Azure 管理用の設定ファイル(構成ファイル)を用意する

Windows Azure PowerShell をインストールする

Windows Azure PowerShell をインストールしていない場合は、Windows Azure のサイトからモジュールをダウンロードしてインストールする必要があります。詳細は、Windows Azure PowerShell をインストールを参照してください。

PowerShell でスクリプトを実行できるようにする

Windows Azure PowerShell に含まれるスクリプトを実行できるよう、PowerShell の実行ポリシー(Execution Policy)を変更する必要があります。普段から PowerShell を使用している場合は、Execution Policy を RemoteSigned などに変更済みだと思いますが、その場合は改めて変更する必要はありません。

PowerShell の実行ポリシーを変更する場合は、PowerShell を管理者権限で起動して Set-ExecutionPolicy コマンドレットを実行します。

PS C:\Windows\system32> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

実行ポリシーの変更
実行ポリシーは、信頼されていないスクリプトからの保護に役立ちます。
実行ポリシーを変更すると、about_Execution_Policies
のヘルプ トピック (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170)
で説明されているセキュリティ上の危険にさらされる可能性があります。
実行ポリシーを変更しますか?
[Y] はい(Y)  [N] いいえ(N)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "Y"):

PS C:\Windows\system32> Get-ExecutionPolicy -List | ft -AutoSize

        Scope ExecutionPolicy
        ----- ---------------
MachinePolicy       Undefined
   UserPolicy       Undefined
      Process       Undefined
  CurrentUser       Undefined
 LocalMachine    RemoteSigned

 

Get-ExecutionPolicy で RemoteSigned と表示されれば問題ありません。なお、グループポリシーで実行ポリシーが設定(制御)されている場合、ローカルポリシーを RemoteSigned に設定してもスクリプトを実行できない場合があります。(グループポリシーの設定が優先されますので、グループポリシー側で実行ポリシーが Restricted に設定されていると、スクリプトを実行できません。)この場合は、ドメインの管理者に設定を変更してもらう必要があります。

Windows Azure 管理用の設定ファイル(構成ファイル)を用意する

Windows Azure PowerShell から Azure の管理を行う場合、管理用の構成ファイルが必要となる場合があります。構成ファイルには、サブスクリプションの情報が含まれています。

構成ファイルは手動で作成する必要はありません。構成ファイルは Web (Azure 管理ポータル)からダウンロードできます。ダウンロードページへアクセスするには、Windows Azure PowerShell を起動し、Get-AzurePublishSettingsFile コマンドを実行します。(この操作には、管理者権限は不要です。一般ユーザー権限で起動した WIndows Azure PowerShell から実行できます。)

azure-powershell-201312-10azure-powershell-201312-11

Get-AzurePublishSettingsFile

Web ブラウザーが起動し、構成ファイル(サブスクリプション ファイル)のダウンロードページが表示されます。構成ファイルは一度ダウンロードすれば、(同じサブスクリプションを使用する限り)同じものを使用できます。

構成ファイルを読み込むには、Import-AzurePublishSettingsFile コマンドを使用します。

Import-AzurePublishSettingsFile '<構成ファイルのパス>'

# (例)
Import-AzurePublishSettingsFile 'C:\PowerShell\無料評価版-12-8-2013-credentials.publishsettings'

# 確認
Get-AzureSubscription

SubscriptionName           : 無料評価版
SubscriptionId             : ********-****-****-****-************
ServiceEndpoint            : https://management.core.windows.net/
ActiveDirectoryEndpoint    :
ActiveDirectoryTenantId    :
IsDefault                  : True
Certificate                : [Subject]
                               CN=Windows Azure Tools

                             [Issuer]
                               CN=Windows Azure Tools

                             [Serial Number]
                               ********************************

                             [Not Before]
                               2013/12/08 14:41:17

                             [Not After]
                               2014/12/08 14:41:17

                             [Thumbprint]
                               ****************************************

CurrentStorageAccountName  :
CurrentCloudStorageAccount :
ActiveDirectoryUserId      :

 

一度構成ファイルをインポートすると、設定が保存されます。次回 PowerShell 起動時は構成ファイルを改めてインポートする必要はありません。特に指定しない場合、Get-AzureSubscription で表示されるサブスクリプション設定のうち、IsDefault プロパティが True となっている構成ファイルが自動的に使用されます。(複数の構成をインポートしておき、Select-AzureSubscription で選択して使用することもできます。)

補足

(スタート画面・スタートメニューに登録された) Windows Azure PowerShell ではなく、通常の PowerShell から Windows Azure PowerShell のコマンド群を実行したい場合は、Azure モジュールのモジュールマニフェストファイル(psd1 ファイル)をロードします。

Import-Module 'C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Azure\PowerShell\Azure\Azure.psd1'

上記のコマンドを実行することで、Azure モジュールに含まれるコマンドを実行できるようになります。なお、PowerShell 3.0 移行の場合、インポートしていないモジュールのコマンドも入力補完や実行ができ、コマンドを実行した段階で自動的にモジュールがインポートされます。(ので、多くの環境では上記のコマンドを実行することなく、透過的に Azure コマンドを実行できます。)

Written by kazu

2013/12/05 at 23:02

カテゴリー: PowerShell, Windows Azure

Tagged with ,

Windows Azure PowerShell をインストール

leave a comment »

Windows Azure を PowerShell から管理する場合は、Windows Azure PowerShell をインストールする必要があります。Windows Azure PowerShell の動作には Windows Azure SDK などいくつかのコンポーネントが必要となりますが、Web Platform Installer (Web PI)を使用すると依存するコンポーネントも含めて一括でインストールしてくれます。

補足:Web PI は、インストールを一括で行うことはできますが、アンインストールを行うことができません。アンインストールしたい場合は、コントロールパネルからコンポーネントを選択して一つずつ削除を行う必要があります。

Web PI を使用した Windows Azure PowerShell のインストール方法は以下の通りです。

azure-powershell-201312-01

Web ブラウザで Windows Azure のリソース ダウンロードサイトへアクセスします。Windows Azure の管理ポータルからは、上部メニュー(「Windows Azure ロゴ横の▼をクリックすると表示できます)から「ダウンロード」をクリックすることでアクセスできます。

azure-powershell-201312-02

画面の下の方にある「コマンド ライン ツール」から Windows Azure PowerShell をクリックして、インストーラをダウンロード・実行します。このインストーラは Web PI を使用する形になっており、自動的に Web PI が展開、起動します。

azure-powershell-201312-08azure-powershell-201312-03

自動的に Windows Azure PowerShell が選択された状態となるので、そのまま「インストール」を選択します。依存関係(前提条件)がチェックされ、同時にインストールされるコンポーネントが表示されます。(画面の環境はすでに Windows Azure SDK がインストールされていますので表示されていませんが、素の環境にインストールを行う場合は、Windows Azure SDK や Windows Azure Emulator などが同時にインストールされます。)

azure-powershell-201312-04

「同意する」を選択すると、インストールが始まります。基本的にすべて自動で構成されます。

azure-powershell-201312-05azure-powershell-201312-06

インストールが完了すると、インストール対象を選択する画面(Web PI の画面)に戻りますので、他のソフトウェアが必要なければ「終了」を選択します。

azure-powershell-201312-07

ちなみに、Web PI は一度使用するとコンピューターのローカルに展開(インストール)されます。次回からはスター度画面から選択(検索)して Web PI を起動し、追加のコンポーネントをインストールできます。(Web PI は頻繁に更新されているようですので、毎回 Web からダウンロードしたほうが良いかもしれませんが。)

azure-powershell-201312-09

Written by kazu

2013/12/04 at 03:12

カテゴリー: PowerShell, Windows Azure

CentOS 6.5 リリース

leave a comment »

12/1 に CentOS 6.5 がリリースされました。centos-announce ML では 12/2 01:03 JST にアナウンスがされています。

[CentOS-announce] Release for CentOS-6.5 i386 and x86_64
We are pleased to announce the immediate availability of CentOS-6.5
install media for i386 and x86_64 Architectures. Release Notes for 6.5
are available at http://wiki.centos.org/Manuals/ReleaseNotes/CentOS6.5
we recommend everyone looks through those once.

CentOS 6.4 からの主な変更点は、以下の通りです。

  • 高精度時間プロトコル(PTP: Precision Time Protocol)が正式にサポートされました。
  • OpenSSL のバージョンが 1.0.1 にアップデートされました。
  • OpenSSL と NSS で TLS 1.1 及び TLS 1.2 がサポートされました。
  • KVM が拡張され、vmdk ファイルや vhdx ファイルや CPU のホットプラグなどがサポートされました。(vmdk 及び vhdx は読み込みのみサポート)
  • Hyper-V と VMware 用のドライバがアップデートされました。
  • Evolution が 2.32 へ、Liver Office が 4.0.4 へアップデートされました。

既知の問題のうち、特に注意が必要と思われるものは以下の通りです。

  • Intel 及び AMD の 32bit プロセッサで使用する場合、PAE のサポートが必須となりました。PAE をサポートしない 32bit CPU 上では、CentOS 6.5 は動作しません。(インストールができません。)
  • VirtualBox の 4.3.4 以降で、OpenGL モジュールのビルドに失敗します。(VirtualBox 側のアップデートにより対応される予定です。)
  • テキストモードでインストールを行う場合、GUI モードでは設定可能な一部のオプションが表示されません。テキストモード インストーラーでは、パーティションの構成、LVM, RAID, FCoE, zFCP, and iSCSI など、高度なストレージオプションの構成、ブートローダー レイアウトの変更、インストールするパッケージの選択などができません。GUI を使用せずに高度なインストールを行いたい場合は、kickstart を使用する事を推奨します。
  • いくつかの i686 RPM パッケージは x86_64 メディアから削除されました。リリースノートに記載されている i686 パッケージがインストールされている(x86_64 環境の)場合は、アップグレード前に該当のパッケージを削除する必要があります。(注:メディアを使用してアップグレードする場合のみと思われます。)

以前のバージョンからアップグレードを行う場合、CentOS 6 系を使用しているのであれば、yum update コマンドでシームレスにアップグレードを行うことができます。CentOS 4 系及び CentOS 5 系を使用している場合は、インプレース アップグレードも可能ですが、新規にインストールを行うことが推奨です。

Upgrading from CentOS-4 or CentOS-5:
We recommend everyone run through a reinstall rather than attempt an inplace upgrade from CentOS-4 or CentOS-5.

Upgrading from CentOS-6.0 / 6.1 / 6.2 / 6.3 or 6.4
Unless you have edited your yum configs, a ‘yum update’ should move your machine seamlessly from any previous CentOS-6.x release to CentOS-6.5

参考

Written by kazu

2013/12/03 at 02:00

カテゴリー: Linux

Tagged with , ,

Excel でページ番号を調整する

leave a comment »

Excel ではヘッダーやフッターにページ番号を挿入することができますが、ページ番号やページ総数は(無理やり)調整することができます。

例えば、Excel で印刷用のドキュメントを作成する際、表紙や目次と実際のデータ(コンテンツ)で個別のヘッダー、フッターを指定したい場合があります。表紙や目次を別のシートとすることで、それぞれヘッダーやフッターを設定できますが、ブック全体をまとめて印刷すると表紙もページ数にカウントされてしまい、総ページ数がずれてしまいます。(シート単位で印刷すれば問題ないですが、全体を 1 つのPDF ファイルへ変換したい場合など、どうしてもブック全体をまとめて印刷したいことがあります。)

Excel のヘッダーやフッターに差し込むページ番号、総ページ数は演算を行うことができます。ヘッダーやフッターで “総ページ数 –1 (ページ番号を付与したくないページ数)” を指定することで、ブック全体を印刷したときにページ番号がずれることなく出力できます。

excel-pageno-201312-01

通常、ページ番号や総ページ数を挿入すると上記のようになりますが、数値をずらしたい場合はヘッダーやフッターの編集画面で &[ページ番号] や &[総ページ数] に続けて数式を入力します。

excel-pageno-201312-02

上記のように入力すると、ページ番号はマイナス 1 されますが、総ページ数はマイナスされません。

excel-pageno-201312-03

ヘッダーやフッターでページ番号、ページ数に対して演算を行う場合は、演算式の後ろに半角スペースを入力する必要があります。

excel-pageno-201312-04

これで、総ページ数についても番号を変更することができます。

excel-pageno-201312-05

Written by kazu

2013/12/02 at 23:55

カテゴリー: Microsoft Office

Tagged with ,