Operations Lab.

Windows ストア アプリ 開発者アカウントの自動更新を無効化する

leave a comment »

Windows ストアにアプリケーションを公開するためには、開発者アカウントの登録が必要です。開発者アカウントの登録にはクレジットカードの登録が必須となっており、デフォルトでは自動更新が有効となっています。(アカウントの認証・正当性確認にクレジットカードを使用しているため、プロモーションコード等を使用して無料で登録を行う場合でも、クレジットカードの入力が必要となっています。)

自動更新を有効にしておくと勝手に更新料が決済されてアカウントの期限が延長されるため、アカウントを維持するという意味では便利ではあるのですが、個人で(趣味で)アカウント登録していたり様々な事情でアカウントの自動更新を行いたくない場合もあるかもしれません。そのような場合は、開発者アカウントの自動更新を無効化できます。

開発者アカウントの自動更新無効化は、サブスクリプションの管理から行うことができます。ダッシュボードのプロファイル「サブスクリプションの管理」から「自動更新をオフにする」をクリックします。

windows-store-account-01

「自動更新をオフにする条件を確認のうえ同意し、アカウントの自動更新をオフにします。」を選択し、「自動更新をオフにする」をクリックします。

windows-store-account-02

なお、自動更新をオフにする場合は、以下に注意する必要があります。

アカウントを更新しないと、有効期限が切れた時点で以下の措置が適用されます。

  • アプリが Windows ストアから削除されます。
  • 発行者の表示名を他の人が使用できるようになります。

テスト用のアカウントであれば問題ないと思いますが、広範囲に利用されているアプリを公開しているアカウントの場合は影響が大きいですので、アカウントの有効期限に注意する必要があります。(自動更新を有効化しておいたほうが安全です。)

広告

Written by kazu

2013/03/19 @ 00:41

カテゴリー: Windows Client

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。