Operations Lab.

Store App 版 Internet Explorer 10 で Flash がデフォルト実行可能に

leave a comment »

昨日(2013 年 3 月)の Windows Update で配信された更新プログラムを適用することにより、Windows 8 / Windows RT 向けの Internet Explorer 10 (IE10)で事前に登録されたサイト以外でも Flash コンテンツの再生が可能になりました。

We are updating Internet Explorer 10 in Windows 8 and Windows RT to enable Flash content to run by default. On Windows 8, all Flash content continues to be enabled for IE on the desktop.

Windows 8 / Windows RT では、事前に登録されたサイトのみで Flash プラグインが利用できる状態でした。Windows 8 及び Windows RT の Internet Explorer 10 は、Flash Player が組み込まれた形でリリースされていますが、Windows 8 の Store App 版(いわゆる、Metro Style 版) IE10 と Windows RT の IE10 は、デフォルトの状態では Flash コンテンツの再生は行われないようになっており、事前に Microsoft へ申請を行い互換性リスト(CVL: Compatibility View List)へ登録されたサイトのみで Flash コンテンツが再生されるようになっていました。(Windows 8 のデスクトップ版 IE10 については、リリース当初より Flash コンテンツの再生は特に制限されていません。)

今回、互換性リストの扱いがホワイトリスト方式からブラックリスト方式へ変更となり、互換性に問題がるサイトのみが互換性リストへ登録されるようになります。これにより、特に何も対応を行わなくても(事前にリスト登録の申請を行わなくても)、互換性に問題が無ければ Internet Explorer 10 で Flash コンテンツの再生ができるようになります。

今まで(更新プログラム適用前)

今後(更新プログラム適用後)

Windows 8
デスクトップ版 IE10

全てのサイトで
Flash コンテンツの再生が可能

全てのサイトで
Flash コンテンツの再生が可能

Windows 8
Store App 版 IE10

事前に MS へ登録したサイトのみ
Flash コンテンツの再生が可能

CVL へ登録されたサイト以外であれば
Flashコンテンツの再生が可能

WIndows RT
デスクトップ版 IE10

事前に MS へ登録したサイトのみ
Flash コンテンツの再生が可能

CVL へ登録されたサイト以外であれば
Flashコンテンツの再生が可能

Windows RT
Store App 版 IE10

事前に MS へ登録したサイトのみ
Flash コンテンツの再生が可能

CVL へ登録されたサイト以外であれば
Flashコンテンツの再生が可能

 

WIndows Update (Microsoft Update)経由で配信される更新プログラムを適用することにより、デフォルトの動作が上記のように変更されます。

This updates the immersive IE experience on Windows 8, and both the immersive and desktop IE experiences on Windows RT. The update will be made available to customers with Windows Update.

MSDN Blog の記事では、どの更新プログラムを適用すると Internet Explorer の挙動が変わるのか、具体的な記述はありませんでした。実際に動作を確認したところ、KB2809289 (Internet Explorer 10 の累積的なセキュリティ更新プログラム)を適用することで CVL へ登録されたサイト以外の Flash コンテンツ再生ができるようになるようです。

KB2809289 はセキュリティ更新プログラムとしてリリースされており、Flash コンテンツの再生については特に触れられていませんが、KB2809289 を適用することで CVL へ登録されたサイト以外の Flash コンテンツ再生ができるようになりました。

ie10-flash-20130313-03

KB2809289 (Internet Explorer 10 の累積的なセキュリティ更新プログラム)を適用する前と後で表示を比較してみると、適用前(左)は Flash が再生できていないですが、適用後(右)は Flash が再生できていることが分かります。

ie10-flash-20130313-02ie10-flash-20130313-06

個人的には、セキュリティ更新プログラムに脆弱性の修正以外の仕様変更を混ぜないでほしいところですが、ともかく KB2809289 を適用することで、より多くのサイトで Flash コンテンツが再生されるようになるため、利用者にとっても Web サイト開発者にとっても利便性は上がりそうです。

広告

Written by kazu

2013/03/14 @ 19:50

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。