Operations Lab.

CentOS 6.4 リリース

leave a comment »

先日、RedHat Enterprise Linux (RHEL) 6.4 がリリースされていましたが、RHEL をベースに開発されている CentOS 6.4 が本日リリースされました。

今までと同様、CentOS 6.x からは yum update を行うことでアップグレードができます。(もともと、RHEL や CentOS のマイナーバージョンリリースはメジャーバージョンブランチのある時点でのスナップショットなので、バージョンを区別することは実はあまり意味がなかったりしますが。)

CentOS 4.x や CentOS 5.x からアップグレードを行う場合は、インプレースアップグレードを行うことも可能ですが、インストールメディアを使用したインストールが推奨されます。

Upgrading from CentOS-4 or CentOS-5:
We recommend everyone run through a reinstall rather than attempt an inplace upgrade from CentOS-4 or CentOS-5.

カーネルバージョン/パッチレベルは 2.6.32-358 です。

[user01@cent64 ~]$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.4 (Final)
[user01@cent64 ~]$ uname -a
Linux cent64 2.6.32-358.el6.x86_64 #1 SMP Fri Feb 22 00:31:26 UTC 2013 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

RHEL 6.4 には Hyper-V ドライバが含まれていますが、CentOS 6.4 にもそれらは引き継がれており、Hyper-V 上で仮想マシンとして CentOS を動作させた時のパフォーマンスが向上しています。

追記(2013.03.13)

この記事のアクセスが多いようなので、ミラーサイトへのリンクを貼っておきます。(CentOS 6.4 の ISO ダウンロードやネットワークインストールは、以下から行えます。)

ISO ファイルのダウンロードは、上記ディレクトリ内の isos から行えます。

広告

Written by kazu

2013/03/09 @ 23:58

カテゴリー: Linux

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。