Operations Lab.

ID 連携の未来

leave a comment »

タイトルはちょっと大げさですが。

ちょっと前からですが、Microsoft Partner Network へログインする際に、以下の様な画面が表示されるようになりました。(一度特定の手段で認証したり、Microsoft ID(Windows Live ID)でログインしている状態だと下記の画面がスキップされるようなので、見たことが無い方もいるかもしれません。)

mpn01

今までも Microsoft は Windows Live ID (現 Microsoft ID : MC ID)で各種サービスのシングルサインオンができていました。一方で、クラウドサービスをビジネスでも利用するシーンが多くなり、社内のドメインアカウントを利用して各種クラウドサービスを利用する事が当たり前にできる時代になりつつあります。Active Directory Federation Service についても、徐々に利用者が増えているように感じます。

何となく、色々なものがつながっていく、ネットワーク的な広がりが感じられてエンジニアとしてわくわくする画面だったので、ブログに載せてみました。

AD しかり Open ID しかり、シングルサインオンや ID 連携、認証連携といった分野は昔からありますが、やっと実用的なレベルになってきたように思います。様々なものがつながって便利になっていくことはとても喜ばしい反面、リスクも大きく、多種多様になります。より便利で、より安全で、より楽しいサービスを提供できるよう、最新の技術をもっと勉強していかないといけないと感じる今日この頃です。

広告

Written by kazu

2013/02/24 @ 20:36

カテゴリー: その他

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。