Operations Lab.

ジャンプリストから PowerShell ISE が起動できない

leave a comment »

Windows 8 / Windows Server 2012 でさらに便利になった PowerShell、利用されている方も多いかと思います。PowerShell スクリプトを作成する際に便利なのが PowerShell ISE です。PowerShell 3.0 からはインテリセンスが実装(拡張)されており、入力中に候補を一覧表示してくれるため、スクリプトエディタとして大変便利になりました。

そんな PowerShell ISE ですが、スタート画面のタイルやタスクバーにピン止めした PowerShell ISE のアイコンから起動する他に、(ISE ではない)PowerShell のジャンプリストから起動することもできます。タスクバーにあまりたくさんアイコンを配置したくない場合などにお勧めです。

ジャンプリストから起動する場合は、一つ注意点があります。それは、PowerShell を一度も起動していない場合には、ジャンプリストに「Windows PowerShell ISE」(正確には、「タスク」メニュー内の項目)が表示されない、ということです。

PowerShell を一度も起動していない状態でアイコンを右クリックし、ジャンプリストを表示させた場合、以下の様になっています。

powershell02

こちらの画像は Windows Server 2012 ですが、Windows 8 でも同様です。(スタート画面から PowerShell を検索し、起動せずに右クリックでタスクバーにピン止めした場合。)

この状態は、一度 PowerShell を起動すれば解消されます。PowerShell を起動した後(そのまますぐに PowerShell を終了しても構いません)、再度ジャンプリストを表示すると、以下の様になっています。

powershell06

「管理者として実行する」、「ISE を管理者として実行する」、「Windows PowerShell ISE」が追加されていることが分かります。

一度起動してしまえばジャンプリストに登録されるため、普段から PowerShell を利用している場合は気にする必要はありません。普段使用していないマシンで作業を行う際、PowerShell ISE が表示されなくても、焦らず PowerShell を一度起動してあげましょう。

広告

Written by kazu

2013/02/11 @ 03:17

カテゴリー: PowerShell

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。